動画作りで重要なのは配色

動画を作る上で重要なのは、配色です。 やはり配色が悪いと折角のいい動画でも、評価が下がってしまう他、最初から見向きもされないという自体に陥りかねません。 随分前の話になりますが、アニメポケットモンスターでポリゴンショックが起きて、事件になりました。 あれ以降テレビなどでは必ず注意書きがされるようになりました。 視覚とは人間の認識の八割ほどを締める重要な感覚です。ですから、視覚で感じ取れる配色はとても重要になってきます。
そのために重要なのは、色彩感覚を養うことです。 一番いいのはちゃんとした学校などで学ぶということですが、地下な場に無かったり、家庭な事情でいけない人も多いでしょう。 そんな人は本を買いましょう。 今は便利な時代になったもので、配色の見本になるようなアイディア帳が売っています。 これから配色を拝借すればいいのです。こうして何度か拝借しているうちに、いつの間にか色彩感覚は養われているものです。
一般的に動画などは、派手な配色は避け、比較的彩度の低い色あるいは、逆に彩度と明度が高い色などが良いとされています。 間違っても原色に近い配色にしてはいけません。 この点に気をつけるだけでも、ずいぶんと動画の見栄えが良くなります。